2019.06.25 14:36

高知 昭和51年 武吉孝夫の写真を歩く(1)土佐道路 なっちゃじゃない道が

【写真1】何の変哲もない水田の光景(武吉孝夫さん写真集「昭和51年を歩く」より)
【写真1】何の変哲もない水田の光景(武吉孝夫さん写真集「昭和51年を歩く」より)
【写真2】武吉さんの案内で、現在の同じ場所から同じ方向を望む(高知市鴨部2丁目の能茶山交差点)
【写真2】武吉さんの案内で、現在の同じ場所から同じ方向を望む(高知市鴨部2丁目の能茶山交差点)

 高知の県都は、一つの生命体のように変貌を続けてきた。

 昭和、平成、そして令和…。時代の境目に当たり、「記憶の町」と「いま」を行き来してみよう。

 これが本当に同じ場所だろうか? 1976年撮影のモノクロ写真(写真1)と、目の前に広がる光景(写真2)を何度も見比べた。

 夢と現実の、はざまに入り込んだような感覚。行き交う車の騒音が、遠い世界から響いてくるようだ。

  ◇  

 モノクロ写真は、武吉孝夫さん(72)=高岡郡四万十町=が高知市の町並みを記録した写真集「昭和51年を歩く」(全8巻)の1枚。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高知中央


ページトップへ