2019.06.25 08:33

県内障害者就職598人 昨年度 7年連続で最多

 2018年度に県内のハローワークを通じて就職した障害者は前年度比5・5%増の598人(以下、いずれも延べ人数)で、7年連続で過去最多を更新したことが24日、高知労働局のまとめで分かった。同局は「昨年4月に法定雇用率が引き上げられたこともあり、障害者雇用に対する企業の理解が進んできた」としている。

 就職者の内訳は、精神障害が269人(前年度比9・8%増)と最も多く、身体障害が164人(9・9%減)、知的障害が117人(13・6%増)。発達障害や難治性疾患などその他の障害が48人(29・7%増)だった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース


ページトップへ