2019.06.22 08:40

JR窪川駅に待望の飲食店「えきめし」来月7/1開店 地元食材活用、駅弁も計画

JR窪川駅に開店する「しまんとえきめしFORM」のプレオープンイベント(四万十町のJR窪川駅)
JR窪川駅に開店する「しまんとえきめしFORM」のプレオープンイベント(四万十町のJR窪川駅)
 JR窪川駅(高岡郡四万十町琴平町)の駅舎内に7月1日、地元産食材の料理が楽しめる「しまんとえきめしFORM」がオープンする。観光客や地元の鉄道利用客の胃袋を満たしつつ地域活性化につなげようと、スタッフらは意気込んでいる。
 
 同駅はキヨスクが2016年に閉店。「町の顔である駅が寂しい。何とかしたい」と、地域商社「四万十ノ」と同町の焼き肉店「満州軒」の経営者夫妻が飲食店開業を計画。4人の名字や名前の頭文字を組み合わせ、運営会社「RATO」(岡村理佳社長)を立ち上げ、準備を進めてきた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会新店オープン高幡Web限定

ページトップへ