2019.06.21 08:39

コントだよ!魚梁瀬に集合 住民劇団「杉ぼっくり」6/22公演

定期公演に向け、仕事終わりに練習に励む「杉ぼっくり」メンバー(馬路村の魚梁瀬多目的ホール)
定期公演に向け、仕事終わりに練習に励む「杉ぼっくり」メンバー(馬路村の魚梁瀬多目的ホール)
 安芸郡馬路村魚梁瀬の住民らでつくる「魚梁瀬ふるさと劇団 杉ぼっくり」が22日夜、年1回の定期公演「ケロケロ祭」を魚梁瀬多目的ホールで行う。「令和元年だというのに、昭和がテーマ」という舞台は、懐かしさを感じさせるセットでのコントが目玉の一つ。「祭りだよ。全員集合!!」と来場を呼び掛けている。
 
 劇団はメンバー7人と、照明などの裏方をこなすサブメンバー4人。村内外のイベントで活躍している。
 
 「かあちゃん 雨だよ!!」と題したコントは、母と4人の子どもたちが繰り広げるドタバタ劇。ちゃぶ台や黒電話が並ぶステージで、効果音を使った軽妙な掛け合いが続く。
 
 練習をのぞくと、「お客さんをいじる時間をもっと長く」といった指示に交じり、「たらいは、こっちの方が音がえい」との声も聞こえていた。 
 
 団長の新居久美子さん(44)は「お客さんを笑わせることはできないかもしれないけど、『笑われる』ことはできる。昭和を思い出して楽しんで」と、気軽な来場を呼び掛けている。
 
 ケロケロ祭は22日午後6時半開演。杉ぼっくりの歌謡ショーや地元コーラスグループによる合唱、婦人会の出店などもある。入場無料。問い合わせは村役場魚梁瀬支所(0887・43・2211)へ。(北原省吾)

カテゴリー: 社会安芸


ページトップへ