2019.06.21 08:35

まんが甲子園 高知商業、明徳義塾が本選へ

作品を前に話し合うまんが甲子園予選審査の審査員(20日午前、高知市のオーテピア)
作品を前に話し合うまんが甲子園予選審査の審査員(20日午前、高知市のオーテピア)
 国内外270校が作品を応募した「第28回まんが甲子園」の予選審査が20日、高知市追手筋2丁目のオーテピアで行われ、8月の本選に進む国内30校、海外3校が決まった。高知県内は応募24校のうち、昨年最優秀賞に輝いた高知商業と、明徳義塾の2校が予選を突破した。

 今年は国内242校、韓国・シンガポール・台湾の海外勢28校が応募。二つの予選テーマのうち、142校が「自動運転」、128校が「スーパーボランティア」を選んだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能まんが甲子園まんが


ページトップへ