2019.06.20 08:31

6/24香美市の美良布神社で狂言奉納 茂山逸平さんら修復祝い

茂山逸平さんらによる狂言が公演される御通夜殿(香美市香北町の大川上美良布神社)
 2017年の台風で損壊し、今春修復を終えた香美市香北町韮生野(にろうの)の大川上美良布神社で24日午後7時半から、狂言師の茂山逸平さん(40)らによる奉納公演が行われる。観劇無料、午後5時からは飲食店などの出店も並ぶ。
 
 茂山さんは大蔵流の狂言師で、NHKの連続ドラマなどでも活躍。14年からは高知市で指導も行っている。修復完了を記念した公演を茂山さんが提案し、地元住民らが実行委員会を立ち上げて準備を進めてきた。
 
 今回舞台となるのは、敷地内の「御通夜(おつや)殿」。江戸時代から大正初期まで狂言に使われていた建物で、茂山さんは「地芝居の文化を築いた立派な舞台に立つのが楽しみ」と意気込んでいる。
 
 当日「柿山伏(かきやまぶし)」「寝音曲(ねおんぎょく)」の2演目が上演される。実行委員長の清水利通さんは「歴史ある舞台で狂言が見られる貴重な機会。存分に楽しんでほしい」と呼び掛けている。事前申し込みで指定席を用意。問い合わせは清水さん(090・8978・8013)へ。(竹内将史)

カテゴリー: 文化・芸能香長


ページトップへ