2019.06.20 08:25

続・灰まで焼け 高知県大3万8000冊処分のその後(10=終)本を手に取り探した

自宅周辺を散策する佐々木泰さん、澄江さん夫妻(19日午後、四万十町大正中津川)
 高知県は広い。本を読みたくても、図書館や書店までの距離が遠い人たちがいる。高知県立大の処分した本のことを思いながら、高岡郡四万十町大正中津川の夫婦を訪ねた。
 
 春の雨が木々の葉をぬらしていた4月、山あいの国道を走る。
 
 道のわきを流れる四万十川は支流の梼原川、中津川に変わり、源流へ近づく。高知市から車で2時間。中津川の集落にたどり着いた。
 
 待っていたのは、佐々木泰(ひろし)さん(86)、澄江さん(71)夫妻。
 
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会灰まで焼け社会


ページトップへ