2019.06.20 08:39

四万十町のスーパーで棚やスペース貸出へ 住民手作り品販売支援

販売スペースのレンタルに使用される棚(四万十町の「しまんとハマヤ」)
販売スペースのレンタルに使用される棚(四万十町の「しまんとハマヤ」)
 高知県高岡郡四万十町琴平町のスーパー「しまんとハマヤ」(浜崎隆社長)に、住民が手作り雑貨などを展示販売する専用の棚が構えられるようになった。店内の食堂施設も貸し出されるようになり、企画者は「町の活性化につなげたい」と話している。
 
 四万十町で地域おこしに取り組むNPO法人「LIFE」(井上義之代表)が企画。雑貨などを売る場所や会議スペースが欲しいという町内外の声を受けて、井上代表がハマヤに打診。「SCOP」(シマント・コミュニティー・オープン・プレイス)の名称で取り組むことになった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高幡


ページトップへ