2019.06.19 08:33

四国最大の海上アスレチック 高知県東洋町の白浜に

海水浴客増へ「起爆剤に」 4月に試験設置された海上アスレチック(東洋町の白浜海水浴場)
4月に試験設置された海上アスレチック(東洋町の白浜海水浴場)

 海上アスレチック施設「Beach Hopping(ビーチホッピング)」が7月13日、高知県安芸郡東洋町白浜の白浜海水浴場にお目見えする。大小二つのアスレチックがあり、運営する東洋町観光振興協会によると、大きい方は四国最大。関係者は「高知県自然体験キャンペーンの東部の目玉。東洋町観光の起爆剤に」と話している。
 
 白浜海水浴場の利用者は減少傾向。2016年に生見海岸でのサーファー調査で家族連れが2割いたことから、白浜海水浴場の利用者増につなげようと設置することになった。
 
 沖合に浮かべる35メートル四方(小学生以上対象)と、浅瀬に設置する長さ16・7メートル×幅2メートル(未就学児対象)の二つ。沖合の施設は、バランス棒や飛び込み台、丸い足場が回転するセクションなど、16のアイテムがある。未就学児用も滑り台などが楽しめる。
 
 設置や撤去に使用する水上バイクなど備品類と合わせ、県の半額補助を得て町が1581万円で購入し、同協会に無償貸与。4月に試験設置を行い、安全性を確認した。
 
 設置期間は9月1日まで。営業時間は平日午前10時~午後4時(土日祝日、8月13~16日は午前9時~午後5時)で、荒天時は中止。1時間ごとの入れ替え制。中学生以上が平日1500円(同1800円)、小学生が平日千円(同1200円)、小学生未満は500円。予約は平日のみ10人以上の団体に限り受け付ける。問い合わせは東洋町観光振興協会(0887・23・9500)へ。(大野耕一郎)

カテゴリー: 主要社会室戸


ページトップへ