2019.06.18 08:40

旧校舎をシェアオフィス 仁淀川町 7月稼働へ入居者募集 

旧名野川小を活用し7月から稼働予定のシェアオフィスの外観=上=と内部(仁淀川町名野川)
旧名野川小を活用し7月から稼働予定のシェアオフィスの外観=上=と内部(仁淀川町名野川)
 吾川郡仁淀川町が、旧名野川小学校の校舎を活用してシェアオフィスを整備した。自然豊かな環境にある遊休スペースを生かした施設。7月からの利用開始に向け、町は入居者を募集している。
 
 名野川小は2012年に閉校。民間事業者に貸し出して、雇用創出や交流人口拡大を図ろうと町が企画した。
 
 シェアオフィスとなるのは1階部分の3室(56~72平方メートル)。国の補助を活用して3161万円で同町が改修、今年4月に工事が完了した。品原建設(同町名野川)が指定管理者として運営する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高吾北


ページトップへ