2019.06.18 08:39

立川橋が来月7/2復旧 高知自動車道 対面通行を解除

7月2日に復旧の見込みになった新しい「立川橋」(17日午後、大豊町立川上名=森本敦士撮影)

 昨年7月の西日本豪雨による土砂崩れで高知自動車道・上り線の「立川橋」(長岡郡大豊町立川上名、全長63・5メートル)が流失した現場に新しい橋が架かり、通行止めになっていた上り線区間(約8キロ)が来月2日に開通する。当面は上下線とも1車線通行だが、約1年続いた下り線を使った対面通行は解除される。7月中には片側2車線で完全復旧する見通し。

 立川橋は昨年7月7日未明に起きた山腹崩落(高さ約320メートル、幅約90メートル)により、土砂や倒木で橋桁が押し流された。これを受け西日本高速道路は、上り線の約8キロ区間を通行止めとし、上りの車が下り線に乗り入れる形で片側1車線の対面通行としていた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会主要嶺北


ページトップへ