2019.06.17 08:35

続・灰まで焼け 高知県大3万8000冊処分のその後(7)野嶋佐由美・県大学長

蔵書を大量に焼いた永国寺図書館(高知市永国寺町)
蔵書を大量に焼いた永国寺図書館(高知市永国寺町)
質問に答える野嶋佐由美学長(高知市の県立大池キャンパス=島本正人撮影)
質問に答える野嶋佐由美学長(高知市の県立大池キャンパス=島本正人撮影)
「残念なことだな」と… 焼却方針 最初の受け止め
 高知県立大は問題表面化後、改革に取り組もうとしている。野嶋佐由美学長はこの問題をどう捉え、どのような大学を目指そうとしているのか、話を聞いた。
 
 ―最初に焼却することを知った時は、どういう場で報告を聞き、どう受け止めたのでしょう。
 
 「焼却」という文字を(学内会議の資料で)初めて見た時、わたしは副学長。「残念なことだな」と思いました。でも、いろんな状況の中で、それ以外の選択肢は結構厳しいんだろうなと。関係者は学内での再活用には随分努力してくださったと思う。平成25(2013)年ごろのことなので、それがどういう場だったのかは覚えてませんが、「避けられるものなら、避けたいな。避ける方法があればいいな」と思った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 教育灰まで焼け社会


ページトップへ