2019.06.14 08:46

続・灰まで焼け 高知県大3万8000冊処分のその後(4)仲間が生きた証し消えた

強制労働中、収容者たちが手作りしたスプーンが並ぶ(写真はいずれも都内の平和祈念展示資料館)
1990年代に刊行された「平和の礎 語り継ぐ労苦シリーズ」。在庫はない
高知県の体験者が寄贈した防寒具。パンと交換するために袖が切り取られている
 高知県立大が焼却した本の中には、インターネット上で無料で自由に読めるものがある。その一つが、1990年代に全国の戦争体験者たちの手記をまとめたシリーズ本。そこに収められている、ある男性の名前を追った。

仲間が生きた証し消えた
シベリア抑留証言集処分

 新宿の東京都庁向かいにある高層ビル。その33階に「平和祈念展示資料館」はある。
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 教育灰まで焼け社会


ページトップへ