2019.06.12 08:32

高校生模擬裁判で追手前高校が優勝 高知市 8月の四国大会出場

判決理由を発表する追手前高校の生徒 (高知市追手筋2丁目のオーテピア)
判決理由を発表する追手前高校の生徒 (高知市追手筋2丁目のオーテピア)
 高知県内の高校生が架空の刑事裁判に裁判官として参加し、合理的な判決を下せるかどうかを競う高校生模擬裁判選手権の高知県予選が9日、高知市内で開かれ、追手前高校が優勝した。8月の四国大会に出場する。

 高知弁護士会の主催で、追手前高校、土佐塾高校、明徳義塾高校、高知西高校から約30人が出場。「母親が生後7カ月の長女を窒息死させた」という設定で、現職の弁護士が検察側、弁護側に分かれて冒頭陳述や被告人質問を行う様子を見守った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育高知中央


ページトップへ