2019.06.12 08:33

「夢の途中、まず1勝を」 高知県出身のF1技術者・吉永さん

「これからも挑戦を続ける」と語る吉永雄一さん(高知新聞社=島本正人撮影)
「これからも挑戦を続ける」と語る吉永雄一さん(高知新聞社=島本正人撮影)
99年渡英 1000分の1秒削る挑戦続く
 自動車レースのF1チーム「レーシングポイント」でエンジンシステム部門の責任者を務める吉永雄一さん(49)=高知県安芸郡芸西村出身、英国在住=がこのほど帰高していた。憧れの世界に飛び込み16年。自身が手掛けた車はこれまで2位が最高で「まだまだ夢の途中。まずは1勝を」と意気込んでいる。
 
 芸西中学校から小津高校を経て、工学院大学(東京都)へ。テレビで放送されるF1で「音速の貴公子」アイルトン・セナの活躍にしびれ、「この世界で働けたら」と憧れた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ安芸


ページトップへ