2019.06.12 08:35

「遺構や伝承関連付けを」 高知市で44連隊跡地検討委員会の初会合

旧日本陸軍第44連隊跡地の利活用を議論する検討委(11日午前、高知市本町5丁目)
旧日本陸軍第44連隊跡地の利活用を議論する検討委(11日午前、高知市本町5丁目)
 高知県が購入を検討している旧日本陸軍第44連隊跡地(高知市曙町2丁目)の活用を協議する検討委員会(5人、委員長=坂詰秀一・立正大学名誉教授)の初会合が11日、高知市内で開かれ、委員から「高知の近現代史を考える上で貴重な史料」「周辺の施設や伝承と関連付けた保存を」などの意見が出た。
 
 旧日本陸軍第44連隊跡地は高知大朝倉キャンパス西隣にあり、明治末期に建設された弾薬庫と講堂、土塁が残っている。民間団体や地域住民が戦争遺跡として保存活用を訴えている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ