2019.06.09 08:42

高知で9年ぶり西原理恵子展「人生はおきゃく」代表作名場面ずらり 香美市立美術館

西原理恵子さんの色鮮やかな原画が並ぶ「人生はおきゃく」(写真はいずれも香美市立美術館)
西原理恵子さんの色鮮やかな原画が並ぶ「人生はおきゃく」(写真はいずれも香美市立美術館)

 高知市出身の漫画家、西原理恵子さんの作品展「人生はおきゃく」が8日、香美市土佐山田町の市立美術館で始まった。「ぼくんち」「女の子ものがたり」「毎日かあさん」といった代表作の名場面が、色鮮やかな原画で見られる。
 
西原作品の読書コーナーがあり、撮影用のキャラクターパネルも用意されている
西原作品の読書コーナーがあり、撮影用のキャラクターパネルも用意されている

 高知県での西原理恵子展は9年ぶり。同館の都築房子館長が主宰する「造形教室」で、10代の西原さんが学んだという“師弟”の縁から、オリジナル企画展が実現した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要文化・芸能香長


ページトップへ