2019.06.07 08:22

県展 写真審査員に三原村出身・野町氏 8/17、18搬入

野町和嘉氏
野町和嘉氏
 「第73回県展」(高知新聞社、RKC高知放送主催)の写真部門審査員に、高知県幡多郡三原村出身の写真家・野町和嘉氏を招くことが6日までに決まった。

 野町和嘉氏は1946年生まれ。高知工業高校を卒業後、写真家の杵島隆氏に師事し、1971年からフリーに。1984年に土門拳賞。アフリカ、中近東、アジアなどを取材し、過酷な風土と人々の営み、その信仰をテーマにしたドキュメンタリー写真で国際的に知られる。2009年に紫綬褒章。県展審査員を務めるのは第58回展以来で5回目。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能県展幡多文化


ページトップへ