2019.06.06 08:35

今ノ山に国内最大級の風力発電計画 土佐清水市と三原村の境界

 高知県の土佐清水市と幡多郡三原村の境界にある今ノ山(標高868メートル)で、都内の事業者が最大で46基、総出力19万7800キロワットの風力発電所の建設を計画している。国内最大級の規模で2024年度の着工を目指すという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会政治・経済幡多

ページトップへ