2019.06.03 08:38

9年ぶり西原理恵子展 香美市立美術館で館長との師弟対談も

 高知市出身の漫画家、西原理恵子さんと、香美市立美術館の都築房子館長の対談が6月29日午後2時半から4時まで、香美市立美術館ホールで行われる。定員80人が聴講でき、事前申し込みを6月8日午前9時から受け付ける。

 香美市立美術館では、6月8日から7月28日まで「西原理恵子展 人生はおきゃく」を開く。高知県で西原理恵子展が開かれるのは2010年以来。「毎日かあさん」「上京ものがたり」といった代表作の原画やフィギュアなど約80点が展示される。

6/29 都築館長と“師弟”対談
 西原さんは上京前、美術大学を受験するため、都築館長が主宰する高知市の「造形教室」でデッサンなどを学んだ。2人は“師弟”の間柄で、対談は思わぬ話題も飛び出しそうなフリートーク形式で進められる予定。

 聴講の申し込みは電話または香美市立美術館窓口で受け付け、定員になり次第締め切る。申し込み、問い合わせは香美市立美術館(0887・53・5110)へ。 

カテゴリー: 文化・芸能香長


ページトップへ