2019.06.02 08:35

土佐ジローのアヒージョ缶詰で乾杯!安芸・はたやま夢楽2種開発

土佐ジローのアヒージョ缶詰が完成した(安芸市畑山の「はたやま憩の家」)
土佐ジローのアヒージョ缶詰が完成した(安芸市畑山の「はたやま憩の家」)
 安芸市畑山で特産地鶏土佐ジローの飼育・加工販売を手掛ける「はたやま夢楽(むら)」(小松圭子社長)が、肉や内臓を使ったアヒージョの缶詰を開発した。小松社長は「赤ワインや冷たい日本酒にぴったり。家庭でジローの味を楽しんで」と話している。

 ジローは凝縮されたうま味と歯ごたえが特長で、幻の地鶏として県外でも人気だが、最高の状態で味わうには火加減などが難しい面もあった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会安芸幡多


ページトップへ