2019.05.31 08:40

県内初、女子高生の相撲部員 強豪・高知農 男子に交じり稽古

男子部員からすり足の基本を教わる(左から)樽本虹春さん、川田夏子さん(南国市の高知農業高校相撲道場)
男子部員からすり足の基本を教わる(左から)樽本虹春さん、川田夏子さん(南国市の高知農業高校相撲道場)

1年川田さん、樽本さん「まず体づくり」
 県高校相撲界にこの春、初の女子部員が誕生した。高知農業高1年の川田夏子(かこ)さんと樽本虹春(こはる)さん。「早く初土俵を踏みたいけど、まずは体づくりから」と足元を見つめ、全国大会に挑む男子部員に交じって稽古に打ち込んでいる。
 

 川田さんは土佐郡土佐町出身。小学時代から地元のクラブで鍛えてきた。国体にも出場した4歳上の兄、恭平さんに憧れ、「兄と同じ高校でやりたい」と進学。「稽古した分だけ結果がついてくる」と、にこやかに話す。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要スポーツ


ページトップへ