2019.05.31 08:38

夏場に向け良型期待 高知県内アユ漁第2陣あす6/1解禁 順調に成育

昨年の伊尾木川。太公望たちが解禁日のアユ釣りを楽しんだ(昨年6月1日、安芸市川北甲)
昨年の伊尾木川。太公望たちが解禁日のアユ釣りを楽しんだ(昨年6月1日、安芸市川北甲)

 県内の多くの河川で6月1日、アユ漁第2陣が解禁される。遡上の遅れを指摘する漁協もあるが、例年並みとする河川もある。夏場に向けて水温が上がれば、徐々に良型が期待できそうだ。(本紙取材班)
 
遡上少なめ
【野根川】 野根川漁協は5月上旬、徳島県海陽町の漁協と共同で稚アユ500キロを放流した。春先に雨が降らず瀬切れが続いたため、遡上は少ない。解禁後の釣果や状態をみて追加放流も検討している。大斗の沈下橋から上流が友釣り、大斗から押野橋までは友釣りと餌釣り、押野橋から下流は餌釣り。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要スポーツ高知の釣りスポーツ


ページトップへ