2019.05.29 08:38

大学生の地元就職希望5割 高知17.2% 全国ワースト2位

 2020年卒業予定の大学生・大学院生のうち、地元への就職を希望する人が49・8%だったことが28日、就職情報会社「マイナビ」の調査で分かった。東京や大阪などの都市部では70%以上を維持しており、学生の大都市志向が一層高まっている。

 調査では、卒業した高校がある都道府県を「地元」と定義。最も低かったのは奈良の12・4%で、高知の17・2%、佐賀の17・8%が続いた。一方、上位は東京、大阪、愛知で、それぞれ89・1%、78・1%、74・5%だった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ