2019.05.27 08:45

はたのう市場、商店街に飛び出せ 6/8四万十市天神橋で初

新商品のハムを開発し、開催に向けて意気込む幡多農業高校の生徒(四万十市の同校)
新商品のハムを開発し、開催に向けて意気込む幡多農業高校の生徒(四万十市の同校)
天神橋商店街振興組合メンバーと現地で協議する生徒たち(四万十市の天神橋商店街)
天神橋商店街振興組合メンバーと現地で協議する生徒たち(四万十市の天神橋商店街)
新商品ハムも売り出し
 幡多農業高校(四万十市古津賀)の販売実習「はたのう市場」が6月8日、同校を飛び出し、初めて四万十市中村天神橋の天神橋商店街で開催される。生徒は「地域の人たちと、もっと近い距離で交流できる」と心待ちにしている。
 
 市場は同校の生徒が作った農作物や加工品を販売。年3回開催され、毎回、安価で良質な商品を求める市民らでごった返す。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会幡多

ページトップへ