2019.05.25 08:38

カンタロウ?実は南方のヘビ 高知市の高1、県内初発見

県内で初めて見つかったブラーミニメクラヘビ(写真はいずれも高知市葛島3丁目)
県内で初めて見つかったブラーミニメクラヘビ(写真はいずれも高知市葛島3丁目)
「隠れキャラみたいな、普段は出会えないヘビ。県内第1号なんて嬉しい」と話す楠瀬智士さん
「隠れキャラみたいな、普段は出会えないヘビ。県内第1号なんて嬉しい」と話す楠瀬智士さん
 カンタロウ(シーボルトミミズ)? いえ違います。高知市でこのほど見つかったブラーミニメクラヘビ。熱帯、亜熱帯などに生息し、日本へは意図せず入ってきたと考えられているヘビで、県内での確認は初めて。
 
 体は暗褐色で、細かいうろこに覆われている。体長は16~22センチ。毒は持っていない。国内では小笠原や沖縄といった南方だけでなく、長崎県、静岡県などでも記録がある。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ