2019.05.24 08:35

高知県内にひきこもり支援会 社会につながる一歩を

生きづらさを抱えた人を積極的に雇用するスジアオノリ養殖会社を視察する山本美香さん=中央=ら「高知若者を元気にする会」のメンバー(安芸市西浜)
生きづらさを抱えた人を積極的に雇用するスジアオノリ養殖会社を視察する山本美香さん=中央=ら「高知若者を元気にする会」のメンバー(安芸市西浜)
料理教室や就労体験開催
 ひきこもる人の心を癒やし、社会とつながるきっかけづくりを目指す団体「高知若者を元気にする会」がこの春に発足した。ひきこもる人たちと一緒に料理体験などを楽しみながら、当事者の生活支援に力を入れる。 

 ひきこもり状態にある人は、内閣府の推計によると全国で115万人(40~64歳61万人、15~39歳54万人)いるとされる。本県では実態調査は行われておらず、何人程度いるかは判然としない。

 高知県内でひきこもる人の家族連絡会「やいろ鳥の会」には約100家族が登録している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 医療・健康高知のニュース

ページトップへ