2019.05.23 08:35

【県体2019】レスリング戦える喜び 土佐塾高と宿毛高

監督の指導を受ける選手たち。初心者が多いが一丸で大会に挑む(高知市北中山の土佐塾高)
監督の指導を受ける選手たち。初心者が多いが一丸で大会に挑む(高知市北中山の土佐塾高)
中学生らと練習に励む宿毛高校レスリング部の瀧本奏吾さん=中央(宿毛市与市明)
中学生らと練習に励む宿毛高校レスリング部の瀧本奏吾さん=中央(宿毛市与市明)
 25日に開幕する県高校体育大会のレスリング競技は、慢性的な部員不足に悩む指導者らにとっても、励みになる話題がそろった。土佐塾高校(高知市)の部員増で8年ぶりに男子の団体戦が行われ、宿毛高校ではたった1人ながら15年ぶりにクラブが復活した。メンバーがそろった喜び、部活が再開した感激を胸に、いざ県体へ―。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ県体2019高知中央幡多スポーツ


ページトップへ