2019.05.23 08:46

県外客の2018年消費は1104億円 高知県内 前年に次ぐ高水準 悪天候響き夏秋は苦戦

 2018年に高知県を訪れた県外観光客の総消費額は約1104億円だったことが22日、県のまとめで分かった。現行の推計方法となった03年以降では17年に次ぐ高水準だが、前年比1・9%減で4年ぶりに減少した。「志国高知 幕末維新博」などの効果で観光客が過去最多の441万2千人となった半面、西日本豪雨などの悪天候が消費額を押し下げたという。22日の県議会産業振興土木委員会で執行部が報告した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ