2019.05.22 08:50

高知県の3定置網復活目指す 事業者募集、設置費も支援

さまざまな魚種が取れる定置網(2018年10月、土佐清水市窪津沖)
さまざまな魚種が取れる定置網(2018年10月、土佐清水市窪津沖)
 県内沿岸漁業の約3割の漁獲量をはじき出している定置網(大敷き網)漁で、いったん廃止された漁場3カ所の復活を県が目指している。一定量の水揚げが期待できる高岡郡中土佐町の上ノ加江沖、矢井賀沖、同郡四万十町興津沖について調査を行い、操業可能と判断。網や漁船など設備導入の支援事業も整え、参入事業者を呼び込みたい考えだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要政治・経済高幡


ページトップへ