2019.05.21 08:32

「教誨師」大杉漣さん最後の主演作 5/25に高知市で上映

映画「教誨師」の一場面 (c)「教誨師」members
映画「教誨師」の一場面 (c)「教誨師」members
 「教誨師(きょうかいし)」は監督の佐向大さんがオリジナル脚本を書き、昨年2月に急逝した俳優、大杉漣さんが初プロデュースも務めた最後の主演作。拘置所の教誨室で語り合う教誨師と6人の死刑囚を通して、人間の本質や生と死の意味を描いた人間ドラマ。

高知市で上映
 「教誨師」は、高知市桟橋通4丁目の自由民権記念館ホールで25日午後1時半、4時、6時半からの計3回。1300円(当日1500円)。中高校生800円。小学生以下無料。高新プレイガイドなどで販売中。予約、問い合わせ先は主催のゴトゴトシネマ(090・9803・9984)。

カテゴリー: 文化・芸能高知中央


ページトップへ