2019.05.17 08:50

家庭訪問「希望制」に 高知市一ツ橋小 親、教員の負担軽減

家庭訪問で保護者と話し合う小高坂小の教諭=右。今後はこんな光景も珍しくなる?(高知市内)
家庭訪問で保護者と話し合う小高坂小の教諭=右。今後はこんな光景も珍しくなる?(高知市内)

全国でも廃止増加傾向
 高知市の一ツ橋小学校は本年度、家庭訪問を希望制にし、学校での面談でも対応するようにした。その結果、家庭訪問を行った世帯は全体の10%にとどまった。全国でも廃止や学校面談にする学校が増加。背景にプライバシー重視の傾向や親の負担軽減があり、教員の多忙化も相まって、こうした動きは加速しそうだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会教育


ページトップへ