2019.05.16 08:46

高知県の中学野球「脱丸刈り」効果? 部員減少底打ちか

昨年から1増1039人
 ここ10年間、年100人ほどのペースで減っていた県内の中学野球の部員数が、今年は昨年とほぼ同数の横ばいだったことが15日、県中学校体育連盟・軟式野球専門部のまとめで分かった。今年2月の「脱・坊主」宣言や、2年前から始めた少年野球との連携強化などが下げ止まりにつながったとみられる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会スポーツ


ページトップへ