2019.05.16 08:50

託児所うつぶせ死 再発防止へ職員増など提言 高知市検証委が報告書 

 2017年1月に高知市内の託児所でうつぶせ寝をしていた生後9カ月の女児が死亡した事案について、市が設置した検証委員会は15日までに報告書をまとめた。県警の捜査でも原因が特定されていない中、報告書は再発防止策が中心で、同種施設の職員の増員や研修の充実などで子どもの安全を確保するよう市に提言した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会子育て高知中央


ページトップへ