2019.05.16 08:00

小社会 「社畜」という言葉が定着したのはいつごろから...

 「社畜」という言葉が定着したのはいつごろからだろう。会社の家畜と化した人間。社の言いなりで自らの考えを捨てた人。働き方改革がいわれる今、上司に反抗する社畜をコミカルに描く漫画が共感を広げているという。

 少し前に見た池井戸潤原作の映画「七つの会議」が思い浮かんだ。野村萬斎さんや香川照之さんらの表情豊かな熱演に見入った。テーマは重い。中堅企業の品質不正とその隠蔽(いんぺい)。

 社の期待を背負ったエリート課長が、航空機や高速鉄道の安全に関わるネジのデータ改ざんに手を染める。不正を知った主人公は、ノルマ達成や収益至上主義に追われ本来の商売のありようを見失った行為を指弾する。「(彼は)組織のために魂を売ったんですよ」。

 後を絶たないものづくり日本の品質不正と重なる。社長の辞任に発展したレオパレス21の施工不良問題は、住む人の安全よりも営利をむき出しにした企業姿勢が問われている。社内では「風通しの悪さ」に不満の声も出た。

 油圧機器メーカーKYBによる免震・制振装置の検査データ改ざんは、納期厳守の圧力を受ける現場の苦悩が浮かんだ。不正は、組織に逆らえない保身の結果でもあろうが、安全が脅かされる顧客はたまったものではない。

 「七つの会議」の原作は終盤、「客を大事にせん商売は滅びる」というせりふが繰り返される。信頼回復はいばらの道。社畜であっては切り開けまい。


5月16日のこよみ。
旧暦の4月12日に当たります。みずのと うし 八白 先負。
日の出は5時05分、日の入りは19時00分。
月の出は16時10分、月の入りは3時29分、月齢は11.2です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で3時57分、潮位173センチと、16時33分、潮位169センチです。
干潮は10時18分、潮位38センチと、22時29分、潮位50センチです。

5月17日のこよみ。
旧暦の4月13日に当たります。きのえ とら 九紫 仏滅。
日の出は5時04分、日の入りは19時00分。
月の出は17時16分、月の入りは4時04分、月齢は12.2です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で4時33分、潮位179センチと、17時23分、潮位177センチです。
干潮は10時59分、潮位21センチと、23時12分、潮位56センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ