2019.05.14 08:40

よさこいの土着感写真に 東京の阿部さん作品集、高知市の蔦屋書店で展示

ヨサリコイの掲載写真から。背景は白いシーツ
ヨサリコイの掲載写真から。背景は白いシーツ
「写真は人とつながる手段」と話す阿部裕介さん(高知市南御座の「高知 蔦屋書店」)
「写真は人とつながる手段」と話す阿部裕介さん(高知市南御座の「高知 蔦屋書店」)
立ち姿にドラマ性
 高知市のよさこい祭りで、踊り終えた人々をモノクロームで撮影し、肖像を掲載した写真集「ヨサリコイ」を東京都の写真家、阿部裕介さん(29)が刊行した。躍動的な踊りの場面は封印し、立ち姿や思い思いのポーズを並べることで、土着的な空気が漂う異質な作品集が生まれた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会主要高知中央


ページトップへ