2019.05.07 14:36

高知工科大が県勢21年ぶり全国 完全優勝で秋春連覇 四国六大学硬式野球春季リーグ

【四国学院大―工科大】3回裏工科大無死一、二塁、当田が右中間へ適時二塁打を放ち、3―2と勝ち越す(今治球場=久保俊典撮影)
【四国学院大―工科大】3回裏工科大無死一、二塁、当田が右中間へ適時二塁打を放ち、3―2と勝ち越す(今治球場=久保俊典撮影)
 四国六大学硬式野球春季リーグ第5週最終日は6日、今治球場で3回戦3試合を行った。高知工科大は四国学院大を6―3で破って2勝1敗とし、勝ち点5の完全優勝で秋春連覇を飾った。春季は初優勝で、全日本大学選手権(6月10日開幕、神宮球場ほか)に四国地区代表として初出場する。高知県勢の同選手権出場は1982、93、98年の高知大に続いて21年ぶり4度目。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ


ページトップへ