2019.05.05 08:34

ムカシトンボ探しツアー 親子50人がやくみつるさんらと 四万十市

子どもらとトンボ自然公園を散策するやくみつるさん=左端(四万十市具同)
子どもらとトンボ自然公園を散策するやくみつるさん=左端(四万十市具同)
 きれいな川にだけ生息し、「生きた化石」と呼ばれる「ムカシトンボ」を探すツアーが4日、四万十市竹屋敷の渓流で行われ、親子約50人が参加した。昆虫好きで知られる漫画家のやくみつるさん(60)と文筆家の左古文男さん(58)も先生役となって一緒にトンボを観察した。

 地域の美しい自然や生物に親しんでもらおうと、トンボ自然公園(同市具同)を管理するトンボと自然を考える会や市が主催した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学幡多

ページトップへ