2019.05.03 08:35

高知FDが愛媛MPに5―2で逆転勝ち

【高知FD―愛媛MP】5回裏高知1死一、二塁、宇佐川がライト線に二塁打を放ち1―2と追い上げる(高知球場=井上真一撮影)
【高知FD―愛媛MP】5回裏高知1死一、二塁、宇佐川がライト線に二塁打を放ち1―2と追い上げる(高知球場=井上真一撮影)
 四国アイランドリーグplusは2日、高知球場などで2試合を行い、高知FDは愛媛MPに5―2で逆転勝ちした。
 FD先発石井は制球が定まらず、五回まで毎回先頭を出す苦しい投球。二回に2長短打、五回に3連続四死球と暴投などでそれぞれ1点ずつ失った。しかし0―2の五回、宇佐川、浜の長打など5安打を集めて5点を奪い、鮮やかに逆転。守っては七回以降、道原、宮川、古屋と1イニングずつつないで追加点を許さず、逃げ切った。







愛媛 2━5 高知
 
愛媛
高知

高知―愛媛6回戦(高知4勝2敗、18時、高知、511人)
[勝]石井4試合2勝
[S]古屋5試合2勝2敗1S
[敗]クインティン5試合3敗
▽三塁打 浜
▽二塁打 ヘイドーン、宇佐川
▽試合時間 3時間10分

集中打で逆転勝ち
 FDが鮮やかな集中攻撃で、逆転勝ちを収めた。

  2点を追う五回。1死一、二塁の好機で宇佐川が打席に入った。「(先発の)石井が頑張っていたので何とかしようと集中していた」。2ボール1ストライクからの4球目。狙っていたスライダーを引っ張った。右翼線へ運ぶ適時二塁打で1点を返すと、スタンドは一気に追い上げムードになった。

  序盤は劣勢だった。打線は相手先発の力のある直球に押されて四回まで1安打。投げては、体調不良から20日ぶりの先発登板となった石井が、制球に苦しんで五回までに2点を失った。

  それでも五回裏、先頭の安田が四球を選んで反撃の足掛かりをつくると、3連打で同点に追い付き、1死二、三塁から藤原が勝ち越し打。さらに浜が2点三塁打で畳み掛けた。全員がつないで重い雰囲気を振り払い、試合をひっくり返した。

  「一つのチャンスをみんなで生かしてくれた。ナイスゲームだった」と駒田監督が声を弾ませた快勝。3日は、0.5ゲーム差をつけられている徳島との首位攻防戦に臨む。「今年は若手が多くて雰囲気もいい。このまま突っ走っていきますよ」。FD5年目のベテラン藤原が力強く言った。(村上和陽)

四国ILplus勝敗表(5月2日現在)
       試  勝  敗 引  勝率    差
(1)徳島 16 10  6 0  .625  -  
(2)高知 15  8  5 2  .615  0.5
(3)香川 12  5  6 1  .455  2.0
(4)愛媛 15  3 11 1  .214  3.5

Iリーグ予告先発(5月3日)
 徳島・伊藤―高知・ガルシア

関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツFDスポーツ


ページトップへ