2019.05.01 08:00

小社会 ヒマラヤの山々を間近に望むネパールの町。その...

 ヒマラヤの山々を間近に望むネパールの町。その水くみ場に行列ができている。水がめを持って並んでいるのは女性や子どもたち。蛇口から水はポタポタとしか落ちてこない。かめを満たすのにどのくらい時間がかかるのだろう。

 きょう、新天皇に即位された皇太子さまが以前、同国を訪れた際の体験である。蛇口から安全な水を飲めない国が世界にはまだまだあることを、改めて心に刻まれたようだ。女性と子どもが水くみに追われれば、地位の向上も教育の機会も阻まれてしまおう。

 水はそれがどこにでも流れていくように紛争や貧困、教育などさまざまな分野に関わっていく。水問題が「視野を大きく広げてくれた」という。

 「国民と心を共にし」「憲法の規定に思いを致して」。これまでの発言からは前天皇、皇后ご夫妻の歩みに学ぶ姿勢がうかがえる。さらに「その時代時代で新しい風が吹く」とも述べている。過去や伝統のみにとらわれない象徴のスタイルを編み出していってほしい。

 むろん前天皇陛下がそうであったように、それはたやすいことではあるまい。代替わりとはその模索を引き継ぐことでもあるだろう。

 「海は人と人を隔てるものではなく、結びつけるもの」。日本中世の海上交通を研究した新陛下は、そうも語っている。水のように分け隔てなく接して人と人、国と国とをつなぐ。模索の先に見据えているものではないかと想像する。


5月1日のこよみ。
旧暦の3月27日に当たります。つちのえ いぬ 二黒 大安。
日の出は5時18分、日の入りは18時48分。
月の出は3時31分、月の入りは15時15分、月齢は25.8です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で4時09分、潮位154センチと、16時11分、潮位146センチです。
干潮は10時16分、潮位59センチと、22時19分、潮位49センチです。

5月2日のこよみ。
旧暦の3月28日に当たります。つちのと ゐ 三碧 赤口。
日の出は5時17分、日の入りは18時49分。
月の出は4時01分、月の入りは16時10分、月齢は26.8です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で4時36分、潮位161センチと、16時52分、潮位157センチです。
干潮は10時46分、潮位44センチと、22時54分、潮位48センチです。

カテゴリー: 小社会コラム

ページトップへ