■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2019.04.25 08:33

イカの産卵手助け 大月小児童が間伐材投入 柏島沖

アオリイカの産卵床になる間伐材を投入する大月小児童ら(大月町の柏島沖)
アオリイカの産卵床になる間伐材を投入する大月小児童ら(大月町の柏島沖)

 海と山の自然のつながりを学び、豊かな海づくりに取り組もうと、幡多郡大月町弘見の大月小学校6年生29人が23日、同町柏島沖にアオリイカの産卵床になる間伐材などを投入した。

 児童らは、3月から山から川、海へと栄養分が運ばれ、生態系が保たれていることなどを授業で学習してきた。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 幡多高知のニュース

ページトップへ