2019.04.25 12:10

土佐清水市竜串のウミウシ、カラフル缶バッジに GW限定販売

ウミウシの缶バッジや下敷き
ウミウシの缶バッジや下敷き

 土佐清水市の竜串再開発に向けて連携を進める官民のグループが、湾に生息するウミウシの写真入り缶バッジを作った。27日から5月6日までの限定販売。全5種類をそろえると特製のウミウシ下敷きももらえる。

 昨年、官民で発足した「竜串海洋観光クラスター推進協議会」が企画した。バッジはカラフルな個体の写真と「アオ」「イチゴミルク」「キャラメル」などの和名入り。足摺海洋館、海底館、スノーピーク土佐清水キャンプフィールド、グラスボート運営会社、竜串地区周辺の宿泊・飲食店で、それぞれ異なる種類を販売する。1個100円(税込み)で、100個ずつ用意した。

 また、環境省が湾のPRに作ったウミウシの写真がプリントされた下敷きも活用。海洋館の受付で5種類のバッジを見せると、下敷き(先着100人)がプレゼントされる。

 海洋館の飼育員、仲林千紗都さん(21)は「アニメのキャラクター、ピカチュウに似たものもいて、見れば見るほどかわいい。インスタ映えもするので、ぜひ全種類集めて」とPRしている。(山崎彩加)

カテゴリー: 社会主要幡多


ページトップへ