2019.04.22 08:45

【'19高知統一選】深刻さ増す低投票率 高知市議選36.55%、12回連続最低更新

 21日に投開票された高知市議選の投票率は36・55%で、過去最低だった前回2015年(38・06%)をさらに1・51ポイント下回った。最低記録の更新は12回連続。棄権者が3分の2に近づく状況は、市議会の求心力低下を表しており、低投票率は深刻さを増している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ