2019.04.22 08:57

【'19高知統一選】高知市議7新人当選 投票率最低36・55%

【注】得票数の小数点は、投票用紙に姓か名しか記入されていないため、対象となる候補者の得票率に応じて比例配分したため。
 統一地方選の県内後半戦となる安芸郡東洋町長選、高知、室戸、宿毛の3市議選、幡多郡黒潮町などの8町村議選は21日、一斉に投開票され、人口減少が進む中での地域づくりを託す新しい顔触れが決まった。ただ、投票率は多くで下落し、34議席を43人が争った高知市議選は、2回連続40%割れの36・55%で過去最低を更新。ほかの議員選でも、7市町が過去最低だった。4人による激戦となった東洋町長選は、安定した町政の継続を訴えた現職の松延宏幸氏(61)が新人3人を退け、3選を果たした。 ...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ