2019.04.20 08:00

小社会 平安の貴族、藤原道長といえばこの歌。〈この世をば...

 平安の貴族、藤原道長といえばこの歌。〈この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば〉。満月に欠けたところがないように、世の中に望んでかなわぬものはない。

 望月を道長の権勢に見立てているが、これに新解釈が出され注目されていると以前の本紙にあった。歌は三女が天皇家に嫁いだ祝宴の夜に詠まれた。望月は自分の娘が次々と、天皇の后(きさき)になったことを象徴しているとする。

 そこから読み取れるのは単におごり高ぶった権力者の姿ではない。娘の幸せを願う優しい父親の一面も見えてくるという。歴史にはさまざまな解釈があり得る。その違いを知ることも歴史を楽しむ醍醐味(だいごみ)の一つに違いない。

 この発言はどう解釈したらいいだろう。萩生田光一・自民党幹事長代行が消費税増税の延期もあり得ると述べた。その場合、「国民に信を問うことになる」とも強調した。安倍首相の「名代」ともいわれる側近。〈この世をばわが世とぞ思ふ〉ような振る舞いに映る。

 官邸と示し合わせた上での発言との見方も根強い。衆院解散をちらつかせ、準備不足の野党を「脅す」思惑という。事実ならば国民に負担を強いる増税をもてあそんでいないか。

 無責任な言動が続くようなら、安倍1強という望月も少しずつ欠けていこう。藤原家の栄華も道長の得意も、今では一つの「語り草」でしかない。そのことを私たちは歴史を通して知っている。


4月20日のこよみ。
旧暦の3月16日に当たります。 ひのと ゐ 九紫 赤口。
日の出は5時30分、日の入りは18時40分。
月の出は19時33分、月の入りは6時08分、月齢は14.8です。
潮は大潮で、干潮は高知港標準で0時17分、潮位30センチと、12時35分、潮位4センチです。
満潮は6時16分、潮位183センチと、19時00分、潮位184センチです。

4月21日のこよみ。
旧暦の3月17日に当たります。つちのえ ね 一白 先勝。
日の出は5時29分、日の入りは18時41分。
月の出は20時38分、月の入りは6時46分、月齢は15.8です。
潮は大潮で、干潮は高知港標準で0時53分、潮位43センチと、13時12分、潮位1センチです。
満潮は6時45分、潮位181センチと、19時43分、潮位177センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ