2019.04.19 08:40

少花粉スギ 県内普及せず 生産量数%でヒノキはゼロ

 県内で普及が進んでいない少花粉スギの苗木 (香美市香北町吉野)
県内で普及が進んでいない少花粉スギの苗木 (香美市香北町吉野)
花粉症対策となる少花粉スギ・ヒノキの高知県内での生産量はわずかで、ほとんど普及していないことが18日までに林野庁への取材で分かった。生産量はスギ全体の1割に及ばず、少花粉ヒノキは長年生産されていない。背景には県の施策の乏しさがある。都道府県別に見ても生産量にはばらつきがあり、「国民病」の花粉症を次世代に引き継ぎかねない惨状が続いている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会主要


ページトップへ