2019.04.18 14:40

マダニ感染症で50代女性が入院 県内今年初確認

 県は18日、安芸郡内の50代女性が、マダニが媒介するウイルス性感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に感染したと発表した。県内で今年初確認。これからの季節はダニの活動が活発になるため、県は注意を呼び掛けている。

 県によると、女性は発熱や全身の倦怠(けんたい)感などの症状で4月上旬に高知市内の医療機関を受診し、現在も入院している。ウイルス検査でSFTSの感染が確認された。詳しい感染経路は不明。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ