2019.04.16 14:36

「土佐和船」倉敷で活躍 高知県内愛好団体が建造 美観地区の水上遊覧人気

美観地区の観光遊覧で活躍中の「土佐和船」(岡山県倉敷市)
美観地区の観光遊覧で活躍中の「土佐和船」(岡山県倉敷市)

 岡山県倉敷市の観光地「美観地区」の水上遊覧で、高知市の「土佐和船友の会」が昨秋建造した長さ6メートルの和船が活躍している。高知産杉の白木が水面に映え、江戸期の町並みの情緒を盛り上げている。
 
 美観地区は、白壁の伝統的建築物が並ぶ観光スポット。2006年から中心を流れる倉敷川で木船を使った観光遊覧を始め、現在は「くらしき川舟流し」の呼称で年間4万人以上が利用する“目玉”になっている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ