2019.04.16 08:38

上京「ジャアバーボンズ」激励 棚田で交流 津野町民「元気もらえた」

住民の手料理を味わうジャアバーボンズのメンバーら(津野町貝ノ川)
住民の手料理を味わうジャアバーボンズのメンバーら(津野町貝ノ川)

 沖縄県から6年前に高知に移住したJポップバンド「JaaBourBonz(ジャアバーボンズ)」が、近く活動拠点を東京に移す。メンバー5人は出発前に高岡郡津野町貝ノ川を訪れ、コメづくりで交流を深めてきた住民に上京の決意を報告。住民らは「元気をもらえた。ここから応援する」と、温かく旅立ちを見送った。
 

 5人は高知のファンの手厚い歓迎に後押しされ、13年から南国市と香南市に移住。県内各地のイベントに登場し、地域密着の活動で人気を集めた。貝ノ川は、移住直前から棚田オーナー制度に参加した思い入れの強い地域で、ボーカルのYASUさん(36)は「高知の人と触れ合った始まりの場所」と話す。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会移住高幡社会


ページトップへ