2019.04.15 14:40

カナダに“はちきん外交官” 女性権利向上で活躍

NATOワルシャワ首脳会合で、トルドー首相に声をかけられるメアリ・かすみ・ピエール・ウェイドさん=右(2016年)
NATOワルシャワ首脳会合で、トルドー首相に声をかけられるメアリ・かすみ・ピエール・ウェイドさん=右(2016年)
一家で高知に帰省したかすみさん。「高知は落ち着きます」(4月4日、高知市内)
一家で高知に帰省したかすみさん。「高知は落ち着きます」(4月4日、高知市内)
活動原点は「半分日本人」
 カナダのトルドー首相に「女性の権利向上に努めた」とたたえられた女性外交官は高知市生まれ―。5歳まで高知市で過ごしたカナダ外務省職員、メアリ・かすみ・ピエール・ウェイドさん(40)=オタワ在住=がこのほど里帰りした。母親が日本人、父親が英国籍という“はちきん外交官”の活躍を聞いた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ